読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり沖縄

沖縄に住みながら沖縄を旅する

男性観光客必見。那覇の飲み屋の歩き方【松山】【若狭】【辻】【西町】

f:id:Yoshi4423:20150927221216j:plain

先に言っておきます、今日の記事は「ブラおきブラックおきなわです(´Д` )

 

男性必見!女人禁制!! ゲスい。ゲスすぎる内容となる可能性大!

ええい構うもんか、全ての男達に幸あれ!

 

男とは何故こうもアホなのか

観光で沖縄を訪れたとき、やはり気になるのが夜の街「那覇」

 

いったいどこを歩けばいいのだろう? キャッチは安心できるのか? ぼったくられたらどうしよう・・・?

煩悩の数と同じだけ悩みがあるのかもしれません、男ですから。

 

そんな迷える子羊へ救いの手を差し伸べる今日の企画

「那覇の飲み屋の歩き方」

 

まずは地図を見ながら説明していきます、ベースとなる地図はこちら

 

これをエリア別に分けていきますと

f:id:Yoshi4423:20150927221917j:plain

モノレール「県庁前駅」を中心に那覇の夜の市街地5つのエリアに分けました。

 

①が国際通りエリア

②は那覇の夜のメインスポット松山(まつやま)エリア

③は同じく夜のスポット若狭(わかさ)エリア

④は少し年季の入った居酒屋が多く集まる西町(にしまち)・久米(くめ)エリア

そして⑤が風俗・ラブホテル街の集まる辻(つじ)エリア

 

昼と夜とでは大きく顔が変わると言われる沖縄。

エリア別に紹介する前に、ここで用語の説明をしましょう。沖縄では少し独特の表現をするので

 

飲み屋 or  スナック?

沖縄では一般的に、女性が付くお店は全て「飲み屋」または「スナック」と称されます。(ガールズバーはガールズバーです)

「スナック」と表現すると古いボトル制のお店を想像するかと思いますが、内地で言うキャバクラのようなお店のことも「スナック」と呼びます

 

つまり「キャバクラ」という単語が無いんですね。ただし地元の人間が使わないだけで、言葉自体は通じますので安心してください。

 

ややこしいので、この記事では内地の一般的な用語を使って説明します

 

①観光客の集まる 国際通りエリア

f:id:Yoshi4423:20150927224451j:plain

それではまずは①の『国際通りエリア』から(紫の直線が国際通り)

 

昼は多くの観光客で賑わっていて、通りにはお土産店が軒を連ねる国際通りも、夜になるとその顔を一変させる場所です

 

f:id:Yoshi4423:20150927224205j:plain

基本的に国際通りにはキャバクラなどのお店はありません

 

ガールズバーはあったと思います、しかし夜の国際通りのメインは居酒屋です。

 

通りを歩いていると沢山の呼び込み(キャッチ)に声をかけられます、店が決まっていない場合はキャッチに任せるのもいいでしょう。ボッタクリなどは殆ど見かけません

 

居酒屋の種類も様々で、沖縄料理系コンパ系南国系アジアンテイスト系などなど、本当に色んなジャンルのお店があります。

 

気になる方は「国際通り 居酒屋」などで検索し調べてみてください

 

また、国際通りにはいくつかのクラブ(踊る方の)もあります

外人がよく集まる所謂「外人箱」の多くもここ国際通りにあるので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか

 

以前ぶらおきでも取り上げましたのでよかったら読んでみて下さい

buraoki.hatenablog.jp

buraoki.hatenablog.jp

 

②那覇の夜のメインはここ 松山エリア

f:id:Yoshi4423:20150927231055j:plain

那覇のキャバクラのほとんどが集まるのが『松山(まつやま)エリア』

 

一時期キャッチ撲滅運動のためにキャッチの皆さんが松山から一掃されましたが、男達の根強い想いが実り現在はぼほ復活。 K察も黙認のようです

(とういうか彼らがいないとボッタクリ店が横暴するんですよね、意外に社会の必要悪となってたようです・・・)

 

非常に多くのキャバクラがあるため右往左往します、そうなるとキャッチの集団が我こそはとセールスに来るので覚悟しといてください。

 

向こうにも向こうのルールがあるのでイザコザなどは殆ど問題はありません、が

観光客とみるや、ちょっとフッカケてくるかもしれませんので絶対に交渉は必要です

 

 

標準的な沖縄のキャバの金額は、時間制「60分なら3,000円」「70分なら3,500円」「90分なら4,500円」程度です、これには泡盛の飲み放題が必ず付いてきます

 

2016/1月追記

昨今の消費税増税のあおりをうけ、上記料金よりも500円程度高くなっているようです。また週末・観光シーズンなどで、料金は変動しますのであくまでも参考程度に留めておいて下さい。

 

 

内地に比べると(特に関東)激安に感じてかえって怪しむかもしれませんが、これが標準なので安心してください

 

それにプラスして泡盛の種類、女性の出身地(沖縄女性希望)などを相談してみてください。

 

また一番大事なのは女性人数の最低保証数です、これは時間制では入れ替わり立ち替わり女性が移動しますので、例えば男性6名に対し女性が2名などにならないよう、テーブルに付く最低女性人数を決めておくシステムです

 

本音は男性人数と同数(もしくはそれ以上)の女性数ですが、まずこれは不可能。

 

大体は(男2女1)(男3女2)(男4女3)といった具合に1名減となります、しかしこの交渉をきちんとしておかないと、入ったときは男4女3だったのに気づけば女性が2名となって、時間の大部分を消化した。なんてのもよくあります。

 

キャッチと交渉する際には次のポイントに気をつけましょう

女性の人数の保証数

時間と料金

出身地や年齢

 

慣れれば「カラオケ歌い放題」「ビール2杯サービス」などをオプションに入れる交渉も可能です(´Д` )

キャッチ同士で頑張ってくれますから(観光客にはオススメ出来ませんけど)

 

ほかにも松山エリアには大型カラオケ店居酒屋などもあるので、このエリアで夜を過ごすことも充分可能です

 

③ちょっと大人の街 若狭エリア

f:id:Yoshi4423:20150927234053j:plain

松山エリアのすぐ隣にあるのが『若狭(わかさ)エリア』

 

こちらは松山に比べてボトル制スナックビルが多く集まる場所です、所謂ママさんとチーママがいてカウンターがあって・・・みたいな

 

地元の年配男性が多く集まる街ですね。

 

よくみると小料理店割烹などのお店もあるので、接待などに使えるエリアでもあります

 

④渋い街 西町・久米エリア

f:id:Yoshi4423:20150927234458j:plain

こちらの西町(にしまち)久米(くめ)エリアはさきほどの若狭エリアに比べて飲み屋の数を減らしたような街

 

その分、居酒屋や料理屋が多く。しかも年季の入った小さな沖縄料理店が数多くあるので、地元の人もよく訪れます。

 

松山や若狭のワーワーとした喧騒が苦手、あるいは飽きた方にはピッタリな場所です

 

年代で言うと50歳代の方々がよく利用されてる印象です

 

 

⑤男の街  辻

f:id:Yoshi4423:20150927235306j:plain

一番ストレートに男の欲望を満たす街、それがこの辻(つじ)エリアです

 

風俗街です(´Д` )

ゲスな文章なのを承知して書きますが、那覇の全ての下ネタ系はここにあります。

 

ちなみに松山を歩いているとキャッチの兄ちゃんに「エッチ系どうっすか?」と言われることがありますが、その場合は松山ではなくこの辻まで車で送ってもらえます

わざわざ松山まで来てるんですなぁ・・・

 

ここも右往左往間違いないのでとりあえず「無料相談所」にでも行けば大丈夫かと

 

一応各お店の前にもキャッチはいます、が、松山キャッチと違いここのキャッチは店の前から動きません。純粋な呼び込みですのであまりウザくないです

 

夜になるとゾンビのように男共がウロウロしてるので、存分に歩いてみてください。こういう時のヤローの連帯感はいったい何なのでしょう・・・。

 

 

今やすでに国際語!「Japanese  HENTAI 」 hahaha!!!!!

f:id:Yoshi4423:20150928000720j:plain

 

うーん。。。まったくもって使えるかどうか分かりませんが以上になります。

 

那覇以外にもまだまだありますけどね、それはいつかの機会にということで。

 

ご一読有難うございました

 

 

追記:逆に言うと、家族連れで夜散歩などをする際には上記のエリアは絶対避けたほうがいいです。 気まずさ炸裂間違いなしです

 

参考までに貼っときます

那覇市にある大体のクラブのまとめ - ぶらり沖縄

沖縄の2大ラブホテル街をご紹介!旅行にも女子会にも、今すぐ使えます - ぶらり沖縄

那覇のもうひとつのディープタウン、栄町(さかえまち) - ぶらり沖縄

 

www.yoruasobi.com