読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり沖縄

沖縄に住みながら沖縄を旅する

【魚眼レンズ】フィッシュアイコンバーターで、色んな沖縄を撮ってみました

 

魚眼レンズ買っちゃいました。


正確に言うと持っている単焦点レンズに装着する、フィッシュアイコンバーターというやつです
 

www.sony.jp

 

普段はSony α7カメラと28mmの単焦点レンズで、風景写真を中心に色々と撮ってるんですが
どうにもこうにも若干飽きがきまして・・・・そこで何か面白いレンズでもないものかと詮索していたら
そういえばこの単焦点レンズには2つのコンバーターレンズがあったではないか。


ウルトラワイドコンバーターフィッシュアイコンバーター


ウルトラワイドの方は画角が92°に広がる(単焦点レンズのみでは75°) 焦点距離21mm
そしてフィッシュアイのは画角が180°! 焦点距離16mm


かなり悩みに悩んだ末、どうせなら思い切った写真が撮れるフィッシュアイの方をポチ。


待つこと数日、無事に届きましたのでさっそくテスト撮影に行ってみました


向かった先は豊崎海浜公園、瀬長島ウミカジテラス、嘉数の高台公園、そして夜の首里城公園です。


風景・街角スナップをメインターゲットにして、購入を迷っている方の参考になれれば幸いです

 

昼景。豊崎海浜公園

装着したファーストインプレッション。


デカい・・・・そして重い・・・・・

f:id:Yoshi4423:20161121200703j:plain

購入前から分かってはいましたが、ここまで重量感があるとは( ゚Д゚)笑

単焦点レンズが200gなのに対し、このコンバーターレンズは単体でも約420g


それがさらにレンズの先端に付くもんだから、その重量感はハンパない。


さっそく撮ってみる。
まずは晴天下の風景写真から (絞り優先モード,F9,ISO100,クリエイティブスタイル風景)

f:id:Yoshi4423:20161121185144j:plain


明るさが違うのはテストですゆえご勘弁

f:id:Yoshi4423:20161121200334j:plain

ほぉぉぉおお( ゚Д゚)


ホントに魚眼(笑) 当たり前だけど


手持ちのレンズがこんな簡単に変わるなんて、結構おどろき。


コンバーターレンズというのは、レンズ前面のフィルター枠にはめるだけなので
脱着がかなり手軽にできます

通常のレンズ交換と比べても体感的に1/3くらいの早さでしょうか


左手のみで取り外しが可能な点も手軽で便利です


それから装着時には、カチッカチッと小気味良い音がします。

 

 

瀬長島ウミカジテラス・昼景

次は最近瀬長島にできた話題のスポット、うみかじテラス

www.umikajiterrace.com

 

ここではフィッシュアイコンバーター装着時と、取り外した通常の28mm単焦点レンズとを比べてみます


フィッシュアイ撮影

f:id:Yoshi4423:20161121185513j:plain

 

28mm単焦点撮影

f:id:Yoshi4423:20161121185523j:plain

どちらがいいかは好みになると思います、ちなみにフィッシュアイコンバーター装着時は開放F値が3.5まで絞られます。

単焦点レンズは開放F値2.0です、昼景ならばあまり気にならない程度ですが
暗くなる場面では大きな影響がでそうです。

 

 

フィッシュアイ撮影

f:id:Yoshi4423:20161121185353j:plain

 

28mm単焦点撮影

f:id:Yoshi4423:20161121203056j:plain

意外に難しい水平合わせも、フィッシュアイなら誤魔化せそうです(笑)
下の写真は完全に水平ミスですねー



フィッシュアイ撮影

f:id:Yoshi4423:20161121185745j:plain

 

28mm単焦点撮影

f:id:Yoshi4423:20161121185821j:plain

腕が悪いのでネムたい写真になってしまいました・・・

の大きさが大体同じになるように撮ってみたんですが、フィッシュアイではこれだけ背景が映り込みます


最短撮影距離は

単焦点レンズがAF時0.29m、MF時0.25m

フィッシュアイコンバーター装着時が0.22m


フィッシュアイ装着時の方が最短撮影距離が短いんですね。

 

フィッシュアイ撮影

f:id:Yoshi4423:20161121185917j:plain

 

28mm単焦点撮影

f:id:Yoshi4423:20161121190020j:plain

同じ画になるように辛抱強く飛行機を待ってみた


瀬長島での撮影は以上です。


↓ こっから余談

それにしても瀬長島は大分変わったなぁ

ウミカジテラスもそうですが、島の頂上には立派なホテルまで建って
観光客も頻繁に訪れるようになっちゃってモウ・・・・涙がチョチョぎれますゎ( ゚Д゚)


え?以前はどんなだったかって?


言えない・・・・

街灯も全然無くて、暴走族あがりのドリフト族が跳梁跋扈して、島のあちこちに廃タイヤやら業務用冷蔵庫やら
訳の分からん産業廃棄物が不法投棄されていた、豊見城のダークアイランドだったなんて

そんなこと言えない。

 

 

嘉数高台公園・夕景

場所をさらに移動、宜野湾市にある嘉数高台公園へ。普天間基地が一望できることでも有名です。

f:id:Yoshi4423:20161121190220j:plain

 

f:id:Yoshi4423:20161121190810j:plain

魚眼撮影の定番、見上げる撮影

思っていたよりも周辺部分がハッキリ写っていたのでビックリ
しっかり絞れば周辺減光も少なそうです。

 

f:id:Yoshi4423:20161121190613j:plain

個人的にローアングル撮影が好きなのですが、フィッシュアイとの相性は良さそう



展望台から撮ってみます。28mm単焦点撮影

f:id:Yoshi4423:20161121191235j:plain

 

フィッシュアイ撮影

f:id:Yoshi4423:20161121191239j:plain


歪みは周辺にいけばいくほど強くなります(上下左右)

水平線などの歪みの程度は構図で調整します。

f:id:Yoshi4423:20161121212322j:plain

地味~に普天間基地が写ってます(右側)

嘉数高台公園でググればもっと良い写真がワンサカ出てくるので、他の構図は他の方にお任せします



一時間ほどボーっと ポケモンGO しつつ、もう少し太陽が落ちるのを待つ・・・



フィッシュアイ撮影

f:id:Yoshi4423:20161121191523j:plain

 

28mm単焦点撮影

f:id:Yoshi4423:20161121191435j:plain


若干暗くなり始めました、こうなると単焦点レンズの方が描写が良いような気がします。

が、やはり好みとしか言えませんね( ̄▽ ̄)

コンバーターレンズは慣れれば1秒位で脱着できるので、2パターンで撮る方法も良さそうです。


そして魚眼撮影のテクニックのひとつ、撮った写真をぐるっとひっくり返して



題:地球

   f:id:Yoshi4423:20161121191705j:plain

分かりやすいように少し小さくしましたが

狙って撮らなくてもこうなるので、飛び道具的な手法ですが簡単に出来ます。


首里城公園・夜景

夕景の次は夜景です、首里城公園

f:id:Yoshi4423:20161121220043j:plain

右下に思いっ切り僕の影が写り込んでます(笑)


魚眼ならではのミスショットで、撮影者の足先が写りこんだり、影が映ったり・・・


足先の写り込みは簡単に回避できるんですが、影の写り込みはかなり深刻で
構図によってはどうやっても写ってしまうことがあります

光源を背にした場合はかなり大変です。他の影と重なるようにしたり、うまくしゃがんだりして
対策をとったほうが良いでしょう。


で逆に、光源に向かった場合はというと

f:id:Yoshi4423:20161121192358j:plain


星も結構出ていたんですが、この日は68年ぶりのスーパームーン・・・
満月の2日後でも月がかなり明るく、星景撮影には適していませんでした。


光源に向かうと(光源である)月の周辺にフレアとゴーストが出ています

フレアとゴーストの出現率は、単焦点レンズのみと比べると増えている気がします。

 

フィッシュアイ撮影

f:id:Yoshi4423:20161121192405j:plain

夜景撮影ですが、高さが足りないので迫力がありません

もっと俯瞰で見下ろすような場面じゃなければ使えませんね。

 

 

瀬長島ウミカジテラス・夜景

首里城公園が全然ダメだったので、再度夜のウミカジテラス

f:id:Yoshi4423:20161121192557j:plain

 

f:id:Yoshi4423:20161121192614j:plain

さっそくフレア出てます、右下ゴースト

気にするとかなり気になってくるのがコイツら。夜の撮影では大敵。

 

 

f:id:Yoshi4423:20161121192703j:plain


フレア・ゴースト対策のひとつ、光源を隠す手段をとると気にならない程度に解消されました

所謂ハレ切りと呼ばれる手法ですが、手などで光源を隠すハレ切りは魚眼なので無理そうです(手が写り込む)
構図でハレ切りをするのが無難そう。


それから気のせいかもしれませんが、夜なのにシャッタースピードがいつもより早い気がします

画角が広いので、光を集めやすいのでしょうか?

 

f:id:Yoshi4423:20161121193120j:plain

首里城公園での撮影では三脚を使用しましたが、ここでは手持ち撮影です
開放F値3.5ですが、一段階絞って撮影してます。ほとんど問題ありません。

 

フィッシュアイ撮影

f:id:Yoshi4423:20161121193106j:plain

 

28mm単焦点撮影

f:id:Yoshi4423:20161121193238j:plain

ちょっと遠くの被写体を撮りたいときは、コンバーターレンズを外します

28mmが望遠に感じてきた( ゚Д゚)

 

f:id:Yoshi4423:20161121193336j:plain


ここで少し注意点

フィッシュアイコンバーター使用時のF値は取り外し後も変わらないため、外した後は
状況に応じて再度設定しなおす必要があります。

ちゃんとカメラ側でコンバーターレンズの使用を認識しているんですね。

 

 

おまけ・猫


ここまでいかがでしたでしょうか

簡単ですがざっくりとテスト撮影してみました。


色々と撮ったうえでの個人的な感想は、かなり使えるヤツという印象です

画角が広いことより、魚眼レンズ独特の歪みが結構気に入りました。


それから着脱がかなりスムーズで、異なる2つの撮影がササッと出来るのは
撮っていてもかなり楽しいです。コレ大事♪



最後にポートレートではどうなのかなと思ったので、試してみました


f:id:Yoshi4423:20161121193452j:plain

 

 

   コ ッ チ 見 ン ナ 。

f:id:Yoshi4423:20161121193500j:plain
(撮影地:猫まるカフェOkinawa  まるこ)

 

 

ダメなようです。