読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり沖縄

沖縄に住みながら沖縄を旅する

レンズ買っちゃった・・・α7用単焦点FE28F2

カメラの話

f:id:Yoshi4423:20150612160438j:plain

ついに以前から気になっていた単焦点レンズを買ってしまった・・・

 

こう書くと何か後ろめたさがあるように見えるが、内心凄くワックワクである。

愛機SONYのα7単焦点レンズ、28mmのF値2.0

 

価格.comでみると最安は47,000円程度。

レンズ界の世界では決して高い方ではないが僕にとっては少々お高い買い物。

そして、買うことを躊躇するひとつの思念・・・

 

「持っている標準レンズでも充分に写真は撮れる」

 

しかし、この思念こそレンズ沼へのほとりに立つものが必ず一度は思う事。

 

 

欲? それとも必要性??

僕が何かお高い買い物をするときに思う言葉。

「欲しいものを買うのではなく、必要なものを買え」

 

果たしてこのレンズは欲しいモノなのか必要なモノなのか。

確かに必要性は薄いかもしれない・・・今持っている標準レンズは28mm-70mm、つまり広角側は28mmをすでに備えているのである。

 

ではなぜ28mm単焦点レンズなのか

 

開放F値の違い・・・もうそれこそが決定的。

今のレンズはF3.5が限界、しかしこの単焦点になるとF2.0の世界が開ける・・・

 

ボケ具合・・・明るい・・・カコイイ・・・

 

男気のないまま迷いつつネットを彷徨っていると大手カメラ屋「カメラのキタムラ」で下取りなんてものが出来ることを知りました。

 

 

手持ちの予備機ニコンのD3100

 

最初に買った一眼レフ、入門機中の入門機で今から数年前にコジマ電機で現物限りの一点物をWズームレンズ込みで58,000円で買った思い出のあるカメラ。

 

予備機といってはいるものの随分と使っておらず、保管ケースに入りっぱなし。

もうこの際この子を嫁に出してしまえ!

 

 

レンズは財産・ボディは消耗品

思った瞬間に即キタムラへ。

 

キタムラでのα7の28mm単焦点レンズのネット価格が48,000程度、そして肝心の手持ちのカメラの下取り査定がこうなった。

 

D3100ボディ        程度B   15,000

レンズ18-55           B     3,000

レンズ55-300           B      8,000

タムロン10-24超広角レンズ    B   13,000

 

不鮮明な記憶だったがこんな感じでした。

合わせて39,000円の下取り査定・・・・充分っす!!

 

それにしても「レンズは財産」とはよく言ったもので、売る時にもレンズの重要性が身にしみて分かります。

たしかタムロンのレンズは5万円弱で買ったはず、数年経ってもこの値段を付けてくれるのは嬉しいですね〜♪

 

 

サヨナラD3100

という訳で即決で下取り購入することに。

 

D3100にはカメラの楽しさを色々と教えてもらいました・・・本当に丈夫で頑丈、電池持ちも今のα7に比べたら雲泥の差(てかα7が酷過ぎる(´Д` )

 

イタリアでスリに合いそうになった時もガッチリとジーンズにロックされたため、無事だったことはいい想ひ出・・・。広角レンズをネットで買った際には、台湾旅に出る当日に沖縄配送だったため、配送会社に無理言って空港で受け取ったのもいい想ひ出。

(おかげで台湾では楽しい旅ができた)

 

ちょっと寂しい思いもするが、D3100で撮った写真は失われることはありません。

 

これを機にまたいっぱい写真撮ろう!

 

新たなレンズ、FE28F2で!! てかまだ届いてねぇけどね!!! (´Д` )ガーン

 

 

【α7関係の記事】

buraoki.hatenablog.jp

buraoki.hatenablog.jp