ぶらり沖縄

沖縄に住みながら沖縄を旅する

アメリカから帰国後、スーツケースに何か入っていた

スポンサーリンク

f:id:Yoshi4423:20170418153105j:plain

 

今日部屋を片付けているとちょっと懐かしいものを発見しました( ゚Д゚)
一枚の長方形のベージュ色の紙。


去年アメリカ旅からの帰国後、スーツケースを開けると入っていた代物です。


それはTSA(Transportation Security Administration)
アメリカの運輸保安局からのお手紙。まれに届くことのある幸運のグッズとして
旅人からは重宝されているとかいないとか。。

 


コヤツです

 

f:id:Yoshi4423:20170419114852j:plain

 

これがスーツケースの中の荷物の一番上の方に、ポンっと置かれていました。


最初は???って感じで、あれ?こんなものあったっけ?くらいに思っていたんですが
英文をナナメ読みするとこう書かれています。

 

 

乗客の安全を守るため、TSA職員は法律に基づいて
荷物を開けることが出来るんよ。んであなたの荷物が選ばれたんよ。


禁止されている物がないかを調べるためだから
検査終わったらちゃんと戻すからね。


もし鍵が開かなかった場合(TSAロック以外)職員が破壊して開けちゃうかもテヘペロ
そうなった場合の保証?何それ?


文句があればTSAのウェブサイトまで。


ご理解とご協力をお願いします( ̄▽ ̄) とのこと。

 

 

ちなみに裏面はスペイン語表記

f:id:Yoshi4423:20170419120856j:plain

 

タイトルで煽っちゃいましたがコレだけです(笑)


ネットで調べると同じような方が沢山いて、皆スーツケースを開けた時の
リアクションは同じだったようです。


ちょっと面白かったのは、国内線の荷物も対象となっているので
開けられることを見越したアメリカ人乗客が

「TSA職員様。どうか荷物をグチャグチャにしないで下さい」

といったメッセージカードを事前にスーツケースの中に忍ばせておく。
というのがありました(笑)


瓶詰のお土産や缶詰などは検査の対象になりやすいらしいですね~( ̄▽ ̄)
気を付けようっと。


懐かしいものが出てきたので、沖縄と何の関係もありませんが記事にしてみました。


カードはせっかくなので飾っておこうかな( ゚Д゚)

 

おしまい