読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり沖縄

沖縄に住みながら沖縄を旅する

観光客が沖縄でビーチパーティーをするためのたった3つの指南書

f:id:Yoshi4423:20150811231550j:plain

いやー暑い夏だ・・・・毎日が暑い日々が続いています

 

連日の報道でもあるように最近は沖縄よりも内地の方が暑いようで・・・どうなっているんでしょう(´Д` )

沖縄は海に浮かぶ小島のため、一年中風が強く吹いているのでまだいいのですが、コンクリートジャングルの都会では夜でも暑い地獄の日々を送られていることと思われます。

暑さに負けず頑張りましょう。と、あえて南国沖縄からエールを送ってみます

 

 

さて、そんな暑い日でもここ沖縄ではこの時期になると連日ビーチにて恒例となっている光景を見ることができます。

 

それがビーチパーティーです! 

 

「沖縄の人は海に入らない」という言葉はもはや常識化されてますが、海に行かないわけではありません。

ではどんなときに行くのか?そう、ビーチパーティーのためです。

 

学生同士、家族や親戚、職場の集まり。はたまた模合(もあい)と呼ばれる沖縄独特の酒盛り集団 親睦会などなど・・・

とにかくありとあらゆる理由をつけて何かとビーチパーティーを行いたがります

 

今日はそんな沖縄式のビーチパーティーの準備計画を観光客の方にでもできるようにまとめてみました!

 

 

指南その1 日程と時間調整

f:id:Yoshi4423:20150811233258j:plain

まずは日時を決めないといけません

 

そんな事当たり前だろ!と思ったアナタ、いえいえここが結構大事。

 

平日よりも休日の方が混むので早めの予約が必要になります、沖縄本島で一番人気と言われている宜野湾市にある「トロピカルビーチ」では1ヶ月前からの電話予約なので、週末決行の際の予約時には、朝から電話が全く繋がらなくなります・・・

やはり平日がオススメかと。

 

また内地では寒さのあまり考えもしない事ですが、沖縄のBBQは11月いっぱいまで行うことが可能なので、そのあたりで旅行される方は頭の隅にでも覚えておいてもいいかもしれません。

 

 

次に、何時から始めるか。というのが重要なポイント。

 

満潮時間を計算に入れないとせっかく海に来ても見えるのは剥き出しの珊瑚ばかりで海で泳げない・・・なんてことも。しっかりと海に入るために満潮時間に合わせた時間に始めましょう。

個人的には満潮の前後2時間(計4時間)がおすすめです

 

時間帯は昼〜夜にかけてどの時間からでもできますが、やはり一番多いのは夕方16時頃から始めるパターン。日が沈み始めると過ごしやすくなり、場所によってはサンセットを望むことができるからです。

正午あたりのスタートはとにかく日光が強すぎて早めにバテてしまいます・・・

 

満潮時間との兼ね合いや旅行の日程を調整して決めてください。

 

 

指南その2 ビーチを選ぶ

f:id:Yoshi4423:20150811234544j:plain

日時を決めたら次に場所選び。

 

南は糸満市から北は国頭村まで、沖縄には大小様々なビーチが存在します。地元民はそこら辺の名もなき砂浜にBBQセットを持っていって、ビーチパーティーを行ったりしますがさすがに観光客には無理なので、ここは食材・道具一式込みのビーチへ行きましょう。

 

予約の際に各ビーチのHPから食べ物のプランを選ぶことが出来ると思います。肉の量や種類に差がつけられているのがほとんどなので、会の趣旨に合わせたチョイスをするといいと思います。

 

そしてビーチパーティーに欠かせないものといえばお酒。

 

こればかりは基本的には持ち込みとなっており(ビーチの売店でいちいち買ってられないので)準備に時間を割くことが難しい観光客にとってはここが一番のネックではないでしょうか。

 

そこでオススメなのがビールサーバーレンタルです!

最近ではどのビーチでもサーバーをレンタル出来るようになっているので、サーバーに入れる氷さえあればキンキンに冷えた生ビールをその場で味わうことができます。

 

ビール以外を飲む方もいらっしゃるのでしたら各ビーチでクーラーボックスのレンタルも行っているので、ドリンクだけをスーパーで買ってきて氷と一緒に入れておきましょう

 

 

指南その3 応用編・自分で調達してみよう

f:id:Yoshi4423:20150812000430j:plain

上で紹介したのはほぼ手ブラで行けるパターン(観光客におすすめ)

 

メリットとしては

①日時さえ決めておけば準備がいらない

②片付けも最低限でいい

③困ったことがあれば施設に行ける(浮き輪が欲しい、ゴーグル買いたいetc・・・)

 

しかしデメリットもあるんですね

①ビーチがほぼ限定されるため混雑必死・海も綺麗じゃない場所もある

②日にちが決められているためキャンセルが難しい(キャンセル料を取られる)

例えば台風・突然の雨・旅行日程の変更など

③食材がショボイ、料金を上乗せしてグレードを上げても違いが全然分からない(笑)

 

と、ちょっと沖縄慣れしている人にとっては不満足かも。

 

そんな観光客にも利用できる便利なサービスがあります、それがビーチとは別の店で購入&レンタルする方法です。

 

例えば一例に挙げますと、沖縄県全域にある「ユニオン」というスーパーマーケットではビールサーバーの貸出から、食材の調達、テーブルレンタル、などなど

自力でBBQをするための用意がこちらで全て準備することができます。スーパーなのでゴミ袋や割り箸なども買えます

www.nodake.co.jp

 

他にも肉にこだわりたい人にオススメなのがこちらの和牛専門店の「牛庵」

www.gyuuan.co.jp

ビールサーバーのレンタルは無さそうですが食材に関しては直営で焼肉屋を運営しているくらいなので、かなり満足することができます。

 

予約も当日予約ができたり、当日キャンセルができたりするのも強みです(時間指定あり)

 

他にも「沖縄 BBQ レンタル」などで検索してもらうと色々出てきますので探してみてください。

もちろん全て車(レンタカー)を持っていることが大前提です。

 

※ビーチによってはBBQ禁止の場所もあるので、必ず調べてください

 

 

ビーチパーティーをせずに沖縄の海は語れない

f:id:Yoshi4423:20150716204128j:plain

 

たった3つのポイント。

 

基本中の基本ですがせっかくの沖縄旅行を台無しにしないためにも、ぜひ覚えておいて損はないと思います。

 

とくにビーチパーティーに限らず、海に関連する遊びでは満潮時間(それと潮汐)を知ることが大切になるので忘れないでください!

 

沖縄ではまだまだビーチパーティーのシーズンはこれからです、少しだけ手間はかかるかもしれませんが一度は体験してみてはいかがでしょうか!

 

それでは今日はこのへんで!!