ぶらり沖縄人

沖縄ではなく、沖縄人がぶらぶらしてるようです

台湾に住む⑫象山で、写真撮るなら一歩引け。俺氏心の俳句

スポンサーリンク

ついにこの日がやってきましたね!

何の日かって??晴れの日ですよ晴れの日( ˘ω˘ )♪この2週間の天気がウソのように朝から晴れておる。


この天候のせいでナントカ流星群も見逃したしホントついてなかった!
、、、ん。まぁその結果三坑置屋で別の流星群は見ましたけどえぇ何か?(見るだけ・・・)

台湾に住む⑧ピンクな三坑置屋、驚きの女性レベルににんまり - ぶらり沖縄人

 

そんなことはどーでもいい!とにかく晴れました( ˘ω˘ )

なので今日は前からどうしても行きたかったあの有名スポットに行ってみました!
もう色んな人の写真で見飽きてると思いますが、関係ないからー関係ないからー


ナンダカンダで、俺まだ見てないから~♪


そのスポットというのが、象山から見下ろす台北市街地の風景です。台北101ビルはもちろんのこと、松山空港や淡水河も遠くに見渡せるまさに台湾一の絶景ポイント。


MRT象山駅を降りて、ちょっと階段を20分程度登れば行ける利便性の良さ( ゚Д゚)これはもう行くっきゃない、いざ夕暮れ前にぶらりと行ってきましたよ。

 

レッツトレイル、階段ダッシュ

象山からの景色を眺めるためには、まず象山に登ることから始めなければなりません。

で、意外とこれがキツかったりするのでどのガイドブックにも一応注意書きみたいのが書かれてあるらしいね( ˘ω˘ )



なめんなよ。って



あー、アメリカの国立公園のトレイルパンフレットもその手の注意書きがめちゃんこ書かれてあったなぁ・・・そうしないとスーパーマーケットでも自動車椅子乗るような人がチャレンジして、あげく登れなかっただのって因縁つけてくるみたい。一種の保険。


ただ象山の場合はトレイルルートというよりは、ひたすら階段が続くだけなんだけどね

でも道は良いし、休める場所もいくつかあるし。休みながらであれば高齢者じゃない限りは行ける・・・・・と思う( ゚Д゚)

さて、トレイルルートが3つだか4つだかあるようですが、ワタシよく分かりません。

f:id:Yoshi4423:20171223102138j:plain

とりあえず一番手っ取り早そうな、MRTを出て真っすぐ行くルートを選択。こんな看板が出ているので、公園の横を7~8分歩きます。ここで軽くウォーミングアップ!

 

人の流れも出来ているので迷わずルートの入口に到着

f:id:Yoshi4423:20171223103236j:plain

 

毎回引用させてもらっている台北ナビHPより

象山の隣には、獅山、豹山、虎山が並んでいますが、この4つの山を総称して四獸山と言います。各山の形がそれっぽいので、そういう名前になったのかどうかは調べられませんでしたが、四獸山の後方には、標高313mの拇指山(親指山)、320mの南港山という山々もそびえています。こちらも山登りにちょっと慣れたら、簡単に挑戦できる山々です。
もちろん4頭の獣山も登れるので、山好きには、毎回コースを変えてチャレンジできる山が、MRTで行ける台北郊外にある、というのはうれしいことですよね。 

象山自然歩道 | 台湾観光-台北ナビ

 

だそうです( ˘ω˘ )フムフム

 

階段はこんな感じで、一段一段がかなり低くなっている

f:id:Yoshi4423:20171223103747j:plain

排水のためなのか、段面が下り側にちょっと斜めになっているので歩きにくい。


で。あとはただひたすら歩くだけ

途中ひとつ展望台がありますがそこから上に行った場所に六巨石という場所があります、そこからも良い景色が見られますが、さらにもう少し上に登った場所に展望台があってそこからの眺めが一番良かった。


そこへは日没時間ぴったりに到着しましたがまだ明るい( ˘ω˘ )
いよいよここから人も増えだしてきます。


防寒用のジャンパー、手袋、ネックウォーマーを装備して来るべき時を待つのみ・・・いよいよアジア最高の夜景とも言われる景色とご対面です。

 

風も強く人も多い、シャッターチャンスを逃すな

いきなり望遠

f:id:Yoshi4423:20171223104803j:plain

これでもちょうど日没時間です、でもここからは毎分おきにどんどん空の色が変化していきます。マジックアワーです!

 

 

遠くの景色が霞んでいてこれはこれで雰囲気ある

f:id:Yoshi4423:20171223104806j:plain

 

 

北の方には松山空港があるので飛行機も見られる

f:id:Yoshi4423:20171223105039j:plain

 

 

数分だけ台北101ビルが夕陽に照らされて輝く

f:id:Yoshi4423:20171223104812j:plain

 

 

ここから驚くほどの早さで暗くなる、そして展望台も人であふれかえる

f:id:Yoshi4423:20171223105310j:plain

 

 

右側の空からどんどん藍色が侵食してきます。実際にはもう少し暗いですが街の明かりはハッキリ見えます。目立つようにレタッチ爆弾投下

f:id:Yoshi4423:20171223105321j:plain

 

 

ここまでくれば立派な夜景

f:id:Yoshi4423:20171223105657j:plain

 

 

f:id:Yoshi4423:20171223105703j:plain

 

 

f:id:Yoshi4423:20171223110016j:plain

 

 

f:id:Yoshi4423:20171223110023j:plain

今回のベストショット。たまたまあった木が良い感じになった( ˘ω˘ )


さて、この撮影スポットですけど写真目的の人は早めに来て三脚出して場所取りしてました。バカでかい三脚じゃない限りは広げてもOKっぽいです。というのも特に三脚持ちじゃなくても普通に見る人が同じ場所に陣取っているので、どっちも同じというわけ。


僕も三脚持って行ったんですが結局広げはしませんでした。手持ちでも充分撮れるし、あえて動いた方が色んな角度から撮れて面白かったし( ˘ω˘ )


手持ちレンズの最大広角端が50mmだったのでちょっと画角不足が心配でしたが、まぁ問題無しかなと。28mmや35mmくらいあれば充分に写せるし、135mmだったとしてもどこ切り取っても綺麗な夜景ですから無問題。


タイムラプス撮影では、その動画だけで1週間は悦に浸ってられるオカズはゲットできるはず。三脚含めその他もろもろの機材を背負って階段を上る苦労をする価値はある。


今回はドローン勢を見ることは無かったけど、ここはドローンOKなのかな?( ゚Д゚)
台湾てそのへんどうなんでしょうか・・・それとも別の場所で飛んでたのかな


いずれにしても素材がいいだけにどう調理しても美味しく頂けるはず(笑)スマホでも本当に綺麗に写ります。ただ夜景ポートレートだけは場所の確保で難しくなるかなぁ、展望台が狭くて人が多いのでセルフィーでも結構大変そうでした・・・

 

今日の献立

あ、一応いつもの日課なので載せときます

f:id:Yoshi4423:20171223113003j:plain

この日もいつもの食堂が閉まっていたので隣の店へ。。。いつもチャーハン作っているオッサンが風邪でもひいたのか?いやあの人は絶対病気しないタイプだからそれはないわ、常にヨレヨレ肌着に魚屋のゴムエプロン着てる人だもん( ゚Д゚)キットナイ


今日は肉団子の麺(60元)と角煮飯(60元)の計120元

いつもは魯肉飯なんだけど、いい写真が撮れたので自分への甘やかしで角煮飯。だがしかしコイツ・・・八角とその他香辛料の絶妙なブレンドによりウ〇コとしか言わざるを得ない味。

別にウ〇コ食べたことあるとかそういう訳じゃないから・・・臭覚っていうのは味覚とお友達なんだから想像つくでしょ( ˘ω˘ )


もちろん全部平らげましたよ、これまで八角は全然平気だったんだけどコイツにはちょっとやられました。凄かったなぁ・・・・・・ん? ま  さ  か

 

次はどこへ行こうか、しばらく天気は良さそうだ

まだ写真ありました

f:id:Yoshi4423:20171223114402j:plain

暗くなるとこういう感じ、これ以上は手持ちだとかなり画質が悪くなるので止めました。やっぱ日没ですね狙い目は。あの昼と夜の境目の絶妙な空の色が、街の明かりといい具合にマッチします( ˘ω˘ )


しかしふと、日の出だとどうなるんだろうって思う自分ガイル・・・


MRTの始発は6時。

現在の台湾の日の出は6時半、ギリギリ間に合ったりするのか?
あぁぁぁ日の出の風景も見てみたい!見てみ台湾~!!・・・・・・・・・

 

 

象山ベンチ

f:id:Yoshi4423:20171223114405j:plain


ま、行くかどうかは置いといて・・・

まだまだ台湾を撮っていきます、しかしそろそろ麺だの飯だのには飽きてきたなぁ。ここいらで何か別の物にチャレンジしてみようか!

それではまた次回!再見!!