ぶらり沖縄人

沖縄ではなく、沖縄人がぶらぶらしてるようです

夜歩きマニアがお届けする、沖縄の危険地帯はこんなとこ

スポンサーリンク

(この記事を書いている現在の話・・・。)とうとう沖縄地方梅雨が明けました、何か2016年今年の梅雨はそんなに雨降らなかった気が・・・最後の最後で残りっ屁のような大雨があったくらいじゃないかな

そして、こっから夏本番!これから12月上旬までこの島はずーーーっと夏になります
白い雲に青い空、照り付ける太陽とそよぐ島風

これから沖縄旅行を計画している方々にとっては、計画の段階でニンマリしてることでしょうな~

 

そしてこの時期になると、このブログも検索流入から徐々にアクセス数が増え始めてきます。一応沖縄の旅ブログですからね、雑談ネタも多々あるので色々と来て下さる人が多いわけですよ

 

で、その中でも気になる検索ワードがこんな感じのワード

『沖縄 危険 場所』 『沖縄 夜 危ない』

 

こういった検索流入で、不幸にも当ブログに辿り着く方がいらっしゃいます

 

んー、そういう内容の記事は一切書いてないんだが・・・
恐らく夜歩きの記事がヒットしてるんでしょうな

 

こういったのが

ディープナイトダイビング。桜坂の街をさらに歩く 那覇市桜坂 - ぶらり沖縄

午前0時:国際通りのもうひとつの顔をご存知? - ぶらり沖縄

桜坂@ディープ 那覇市の魔境 かつての歓楽街の今。 - ぶらり沖縄

 

確かに見ると、タイトルに「魔境」だの「ディープ」だの入れれば、そういった記事だと思うわな( ̄▽ ̄)

 

旅は無事に帰ってこその旅なり

さて、前置きが長くなりましたが

 

同じ日本とはいえ、本土とはちょっと違う独特の雰囲気をもつ沖縄・・・やっぱ旅行するなら安全に行きたいですよね。
特に夜の街などは観光客にとっては不安だらけだと思います

 

というわけで今回は夜歩きマニアを自負する私が、独断と偏見で選ぶちょっと危険な沖縄の街を紹介します!
かなりガチな場所もありますので、一応以下の注意点を必ず読んでください

 

・あくまで管理人の薄っぺらい人生経験から導かれた内容となってます
・そのため、犯罪統計資料などによる公式統計とは一切無関係です
・危険地帯とされる場所の住民の方々への嫌がらせのつもりでは全くありません
・犯罪を犯すのは人であり場所ではありません
・その辺をご了承の上、あくまでも微参考程度に留めて下さい

 

なんかもう苦情来ることを前提に恐る恐るPC打ってますが・・・。


地元の人はどうか寛大な目でみてあげてください、一応私も地元民なので。

 

 

それでは危険度を点数にして、順不同でいってみまっしょい!

 

 

ちなみに那覇警察署の110番受理件数は日本一

1.北谷町(ちゃたんちょう)ハンビー裏のフリマストリート:危険度70点

北谷ハンビー店(デパート)の裏通りの1㎞程度の道路、実はここ夜に訪れると勘のいい人はすぐにとある違和感に気付く・・・

歩道を照らす街灯の色、なぜかこの通りだけが青色。

 

そう、これは所謂防犯灯と呼ばれる犯罪抑止効果に期待した街灯

 

今から十数年前、このストリートはホント色々起こるコワーイ場所でした。しかも米兵絡みの事件もよくあった・・・犯罪発生の多さから、いつしか地元民は避けて通る地域に

 

で、これではイカンということで地元上げて色々やったみたいです
その一つがこの防犯灯というわけ

 

じゃあ今はどーなのってトコなんですが、この防犯灯が功を奏したのか、今では以前のような危険なストリートではなくなっている。夜の時間帯でも犬の散歩やウォーキングをしている人を見かけます。

 

ですがやはり深夜になるとちょっと雰囲気が変わるので、依然として夜遅くに出歩くのは危険です、もしもこの付近を歩かなければいけない場合は、通りの東側を走る国道58号線を歩けば比較的安心でしょう。

 

 

2.北谷ジャスコ前屋外駐車場の暗いとこ:危険度85点


先ほどのフリマ通りから北へ行った場所にある、ジャスコの前の駐車場です。美浜アメリカンビレッジへ訪れた事のある人は、一度はここへ停めた経験があるんじゃないでしょうか。

 

美浜近辺は居酒屋やバー、クラブなどがあるので、隠れてこの駐車場へ停める人が多いんです。で、目立たないように端っこの方に停めるんですがこれホントやめたほうがいい。

ジャスコやアメリカンビレッジの近くは比較的明るいものの、端っこの方は暗く危険です。
朝方にパトカーが騒いでたりするのもその辺・・・過去にも婦女暴行事件とか起きてます。 

駐車場では絶対に明るい場所に停めましょう。

女性の方が暗い場所を歩く場合は、念のためワンボックスや大型車の横を歩かないように。
車の中に引きずり込むやつがいるかもしれません。念には念を。

 

  

3.サーフポイント付近や、その他のサーフポイント:危険度60点


昼間でも安心できないのが、海岸沿いの田舎道。例として糸満市にあるサーフポイント、スーサイドポイントを挙げます。


ここは沖縄でも一番有名なサーフィンスポットで、年中波が立ちやすいので夏冬問わず多くの人で賑わっています。

 

この場所で多いのが車上荒らし、一旦海に入ると数時間は戻ってこないサーファーという生き物の習性を利用し、その間に狙うわけです。

 

特に観光客のレンタカーを狙ったりします、このポイントでは必ず地元の方々が停めている場所に、同じように停めて下さい(パトカーが巡回してます)
決して離れた場所に停めないように。

cliffssurf.ti-da.net

 

もちろんサーフィンだけに限らず、沖縄では全ての海岸線で泳いだり日光浴したりと遊ぶことが可能。
車と海との距離が離れている場合は注意が必要です。

 

 

4.深夜の国際通り:危険度85点


かなり意外に思われる方が多いですが、夜の国際通りも危険地帯のひとつ

この場所が昼と夜では真逆の顔を持つストリートなのは、沖縄人ならば誰でも知っている事実。

 

特に危険なのは、国際通りから一歩外れた裏通りを歩く場合です

 

一気に人通りが少なくなり、街灯も無い場所がほとんど。牧志や桜坂などの飲み屋街も多いので、酔客にからまれてやっかいなことになることも多い。
また、観光客が多い地域のため観光客同士でイザコザが起こっているのもよく見かけます

上にも挙げましたが当ブログ過去記事で雰囲気を見てみて下さい

buraoki.hatenablog.jp

 

 

5.松山公園周辺:危険度90点


沖縄一の歓楽街、那覇市松山(まつやま)

酔っ払いのいる場所にイザコザあり。という訳で酔客だらけの街です。
しかも男の街ゆえに歩いてるのもばっかり(笑)

 

中心部には観光ホテルも多くあり、近年では中華圏の方々もよく見られます。
しかも沖縄で一番大きなクラブ「エピカ」が登場し、アメリカ人も集まるようになってきて・・・人種のるつぼ的な場所にもなってきました

 

週末にもなると街のいたるところにパトカーがいる光景を目にします
くれぐれも家族連れで歩いたりしないように。あ、昼間は全然問題ないです、酔っ払いが寝てるくらい。

 

 

6.沖縄市園田(そのだ)周辺、中の町(なかのまち):危険度100点


松山が那覇市一の歓楽街だとすれば、中部地区一の歓楽街は沖縄市にある中の町。
規模は劣るものの、ここも男の夜の街となってます

 

で、ここの危険ポイントは酔っ払いに絡むヤカラ、てか浮浪者。

千鳥足で歩いているオトーサンやオニーサンに、ぶつかる・いちゃもんつける・寝てる人から財布スル・・・等々、かなり胡散臭い犯罪が起こってます。

 

あまり観光客が足を運ぶ場所ではありませんが、この周辺にも観光ホテルがあるので一応泊まる方は気を付けましょう

 

 

7.沖縄市空港通り(ゲート通り):危険度80点

 

ミュージックタウン音市場から米軍基地のゲートまでの通称ゲート通り。

週末になると多くの米軍人が飲みにくりだすため、さながら外国的な雰囲気になる。
バーが数多くあり、酔っ払いがワイワイガヤガヤやってる通りです。

 

最近こんな動画が投稿されたことから若干有名に( ˘ω˘ )


沖縄市空港通りで大乱闘(激レア)

 

軍人同士のイザコザはどこでも起きてるので、特にこの場所だけが異常だとかそんなことはない。

大通りよりも、暗い路地裏などはやや危険度が上がる。

 

 

8.名護市辺野古の基地ゲート前:危険度40点

 


国道329号線キャンプシュワブのゲート前。

ここでは普天間基地移設に伴う辺野古基地建設の反対運動が行われており、危険度こそ少ないものの時にはデモと見紛うほどの集会が行われており、国道が通行不可になる事もあります。

国道ですが田舎にあるため迂回できるような道も他になく、割とメンドクサイ状況になります。特に近くの大型リゾートホテルであるカヌチャリゾートホテル利用者は注意してください。


そういったデモ的行為は、平日の早朝に行われることが多いようなので車で通行する分にはほとんど問題ないでしょう。
しかし基地建設にともなう車両が基地内に出入りする際には、機動隊との揉め合戦が起こるのでやはり油断は禁物です。

 

動画は0:30~


辺野古基地反対運動!!交通の妨げになってますよ(-_-;)

 

 

9.東村高江県道70号線の一部:危険度60点


こちらは辺野古から北上した場所にある高江(たかえ)の県道

ヘリパッド建設に伴う反対運動が行われており、さきほどの国道と違い道も細く、更に田舎地域にあり車の往来も少ないため、反対運動グループが道路を封鎖することが辺野古よりも多いそうです。

検問紛いの行為も見られていることから、通行には若干注意が必要です。

田舎の県道ですが、沖縄一周をする場合には必ず通る道なので本島最北端の辺戸岬から東周りをすると、ここを通ることになります。

もちろん観光客が危害を加えられることはないと思いますが、道路が通行不可になるとかなり迷惑です。
 

 

番外編:国道58号線伊佐(いさ)交差点:危険度アナタ次第


免許更新の講習の際に、警察官から教わった沖縄県で一番交通事故が多い場所だそうです(笑)
←まぁ当事者にとっては笑えませんが・・・

 

確かにここの交差点の合流地点、よく事故処理してる!

と中部地区に住む人ならばピンと来るはず、そういえば夏になると至る所で
「わ」「れ」ナンバーが事故ってるの見るなぁ・・・きっと沖縄観光のために慣れないレンタカーを運転してるのでしょう。と勝手に想像

 

終わりに

f:id:Yoshi4423:20160624224906j:plain

 

一応私は夜遊びマニアではなく、夜歩きマニアなので、素面(シラフ)でアッチコッチ歩くのが好きなんですよね。
なのでこういった沖縄の別の側面をどうしても見ちゃうわけです。

 

やはり夜と酒が交わる場所はどこも危険です、男女問わず

 

特に沖縄って観光客が多いので、どうしても浮かれてしまうんですね、観光で来られた方は。
どうしても気持ちが浮ついてしまって、ハメを外す→お察し。のパターンになることもしばしば( ̄▽ ̄) くれぐれもハメの外しすぎには気を付けて下さい。

 

 

それから最近ニュースでも騒がれている米兵関係のイザコザ・・・

 

自身の経験から言ってもやっぱあります、職業の前に人種がまず違うからね
戦闘民族だもんアメリカ人て(私見)

 

これまで米兵に絡まれたことは一度や二度じゃ済まないんですが、しかし助けてくれたりするのも、これまた米兵の方だったりするんですよね。

 

良い人は物凄く良い人、悪い奴はやっぱ悪い奴


というのが私の見解。

 

という訳で以上になります、犯罪が起こらない場所はありません、観光客だけでなく地元の沖縄人も、くれぐれも安全に・・・

 

ご一読有難うございました

  

夜関連特化型のカテゴリー『ブラおき』もよろしく。

buraoki.hatenablog.jp