ぶらり沖縄人

沖縄ではなく、沖縄人がぶらぶらしてるようです

海の見える記事

2015 キャンドルナイトinサーベイをぶらり 大宜味村白浜

7月に入りやっと夏本番といった様子のここ沖縄。毎日うだるような暑さの中、本島北部の大宜味村(おおぎみそん)で何やら涼しげな企画を発見! ぶらーり行ってみることに。 田舎でのイベント事。一度でいいから来てみて・・ 場所は本島北部のこんなトコロ(上…

太平洋が一望できる廃墟な展望台。 うるま市野鳥の森自然公園

うるま市を車でぶらぶら走っていると、なにか気になる看板発見 「野鳥の森自然公園 → 」 おぉ、物凄くよさげな名前だ。ここに存在することすら今まで知らなかった。何となく第六感が反応したのでぶら〜っと行ってみることに。 見えてはいるがなぜか着かず 油…

沖縄で一番美味いと思う、名物おばぁのいるてんぷら屋。 八重瀬町具志頭

沖縄のソウルフードといえば沖縄そば、サーターアンダギー、ムーチー、中味汁などなど。数え上げればきりがないほどでてくる。 ちんすこう? 紅いもタルト? 海ぶどう? あれは観光客用で地元の人間は全然食べません、まだポーポーのほうが食べられているで…

そうだ、座間味へ行こう。その3

そして夜へ。 セミの鳴き声はまだ止まない 気が付くと陽も水平線の向こうに沈みかけていた、歩いて帰路についている自分の影が、来た時よりも随分と伸びていることに気づく。 フェリー乗り場の港を通ると港内で釣りをしていた夫婦と思われる50歳前後の男女…

そうだ、座間味へ行こう。その2

集落を巡りつつ海へ向かう 何もない。こともない さて、民宿をでてカメラと釣り竿を持ち海へ向かう、外は依然として太陽が照りつけていて沖縄独特の亜熱帯気候の暑さだ。 汗が滝のように流れ出るが、なぜか座間味の中にいると不思議と気にならない。那覇のよ…

そうだ、座間味へ行こう。その1

那覇から日帰りでも行ける離島・座間味島(ざまみじま) 泊港からフェリー or 高速船で 今回はちょっと足をのばして離島の座間味島へ 那覇からフェリーで1時間半くらい。 途中で阿嘉島っていう別の離島にも寄港しつつ向かいます。 座間味村のHPで確認したと…

美しい海中道路を無人島から見る。 うるま市藪地島

ウインドサーフィンのメジャースポット 以前、豊見城市瀬長島の記事でも紹介した沖縄本島から陸路で行けるメジャー離島 ①古宇利島 ②伊計島 ③瀬底島 ④奥武島 のうちのひとつ『伊計島』へと続く道は、海中道路(海の上を走る道路のこと)と呼ばれており、全長…

深緑のトンネル、その向こうには海が。 本部町備瀬のフクギ並木

素朴、とにかく素朴。 那覇から車で2時間弱の本部町備瀬にあるフクギ並木通り。 フクギとは防風林のことで、この集落の家々を囲むようにして植樹されている並木道が『備瀬のフクギ並木通り』です。 一度フクギのトンネルに入ると涼しげな鳥の鳴き声が響き、…

ドライブ中の景色も最高!豊見城市豊崎に架かる橋。豊崎大橋

豊崎タウンへの玄関口&夕景のランニングスポット 今日は豊見城市(とみぐすくし)の豊崎(とよさき)大橋をご紹介。 以前は日本一人口の多い「村」として沖縄県民にのみ 有名で県民にはまだ以前の名前の豊見城村(とみしろそん)としての知名度が圧倒的なこ…

猫と小島と飛行機と・・・那覇空港から一番近い観光を。豊見城市瀬長島

空港が目前にある島 瀬長島(せながじま) 那覇空港から南へ車で5分のところにある小さな小さな島。 そして短い短い海中道路は、ちょど那覇空港の滑走路の延長線と垂直に交差する形で 渡っているため、飛行機の離着陸を間近で見ることのできる絶好のスポット…

2015ホワイトビーチフェスinうるま市③

さてホワイトビーチフェスタでは飲食関係のブース以外にも、軍用機(ヘリ)や自衛隊機、米軍消防車などの展示ブースも見ることが出来ます。 全ての車両には担当の人もいるので優しく説明してくれます その中でも一番の大人気は・・・ どどーん(笑) なんでしょう…

2015ホワイトビーチフェスinうるま市②

前回に引き続き2015ホワイトビーチフェスの様子です 沢山の人が集まっていますが、これはドラゴンボート競争(ハーリー競争)の参加者の様子です!ちょうど日本人と外国人が半分半分てとこ。 朝の10時からドラゴンボート競争があり(一般男子・一般女子・チ…

2015ホワイトビーチフェスinうるま市①

前回ちょこっと写真で紹介したホワイトビーチフェスタの話 沖縄には沢山の米軍基地があるのはご存知かと思いますが その各基地で色々年間を通してイベントがあるんですね。中にはひと月に1回行われるプチイベントもあったりして 結構日本人、外国人を問わず…